九州 Japanについて

九州 Japan(9-shu.jp)は、(株)情報開発研究所が熊本地震に被災した地域を元気づける意味を込めて独自で立ち上げたメディアサイト「阿蘇熊本Japan」等の発展形となるサイトです。

熊本地震を契機に立ち上げたメディアサイト

弊社は、中九州の熊本県と大分県の県境(大分県竹田市)にあり、熊本地震の震源地に近く、地震発生時には大きな揺れが何度もありました。
その後、風評被害による地域経済に対する損害があり、弊社を含む民間の自営業者の方々は、苦境の中で現在も、その後遺症にさいなまれながらも営んでいます。

九州 Japanを運営する企業

九州 Japanを運営する(株)情報開発研究所は、2011年4月22に大分県竹田市で、設立登記が行われた民間のIT企業です。
地域に根差し、企業・団体向けのホームページ製作・保守管理、ドローン空撮、動画製作等の業務に関する実績があります。
そのつながりから、地域の実体経済を、ひしひしと肌で感じながら邁進してきました。

また、最近では地域に根差しながらも「Youtube 情報開発研究所チャンネル」を通して、世界の色んな国からの反響をいただいております。
ドローン空撮動画では、ドローン研究の盛んなアメリカ等から
youtube_access2
Culture of Japan(日本の文化)シリーズでは、アジア各国からのアクセスがあり
youtube_access1
海外からの反響もいただいております。

2012年九州北部豪雨での災害復旧活動を支援したITシステムに関する講演を行った「おおいたITフェア2014」では、16講演の中で動員数1位になりました。

ITで大災害と向き合う~2012九州北部豪雨「経験したことが無い雨」非常事態の中で開発した災害復旧システム
講演:ITで大災害と向き合う~2012九州北部豪雨「経験したことが無い雨」
非常事態の中で開発した災害復旧システム

14講演あった2015年も動員数1位となり、二年連続の1位になる快挙がありました。

「未来を切り拓くドローンの可能性」
講演:未来を切り拓くドローンの可能性

弊社の独自創造性は、評価を得ています。

また、情報開発研究所は起業当初から、高齢化率が日本一、二を争う極度の過疎高齢化に伴う経済的な衰退も進んだ地域にあるIT企業としても、起業当初から全国的に注目されています。

ただでさえ、経済的に厳しい地域にある企業なのに、2012年の九州北部豪雨に続いて、今回の熊本地震が発生したために、当然、弊社も倒産、廃業する可能性があります。

しかし、その中で、企業として存続できるように最大限の経営努力をしています。
この九州 Japanにも、鋭意取り組んでいきます。

今後とも、九州Japan、株式会社情報開発研究所をよろしくお願いいたします。

2016年10月

ページ上部へ戻る