映画 ピーチガール 5月20日公開 主演 山本美月(福岡出身) 伊野尾慧(Hey!Say!JUMP) 真剣佑 永野芽郁

5月20日に、累計発行部数1300万部を超える大人気少女コミックを実写化した映画「ピーチガール」が公開されます。

「ピーチガール(講談社「別冊フレンド」掲載)」の主人公と重要人物を演じるのは、福岡県出身の女優山本美月をはじめ、話題と注目を集める若手俳優の4人。

「ギャルっぽいけど超ピュア」、元水泳部で日焼けした肌と塩素で焼けた髪から誤解されやすく恋に悩む主人公「安達もも」役に、山本美月(やまもとみずき)さん。

「チャラそうだけど真面目」、背が高くてスタイル抜群のイケメン「カイリ」こと岡安浬(おかやすかいり)を演じるのは、Hey!Say!JUMPの伊野尾慧(いのおけい)さん。

「さわやかだけど不器用」元野球部で硬派な「とーじ」こと東寺ヶ森一矢(とうじがもりかずや)役は、注目を集めるイケメン若手俳優の真剣佑(まっけんゆう/Mackenyu)さん。

ピーチガールと言えばこの悪役と言われる、主人公の「もも」の想い人を奪うため、悪行の数々を繰り返す敵役、「かわいいけど悪魔」の「さえ」こと柏木沙絵(かしわぎさえ)には、永野芽郁(ながのめい)さんと、目が離せない俳優陣です♪

公開は2017年5月20日、全国ロードショー。

映画ピーチガールについて

キャッチコピー:「5分に1度、恋の事件が巻き起こる」「三角関係+悪魔 予測不可能な大波乱の恋が幕を開ける」他

あらすじ

女子高生のももは、日焼けした肌に色が抜けた赤い髪という派手な見た目のせいで、周囲から「遊んでそう」と誤解されてしまうけれど、中身は超ピュア。真面目で硬派なさわやか男子・とーじに中学時代から片思いしているが、ある日、学年一のモテ王子・カイリにとある勘違いから一方的にキスをされ学校中の噂に。一方、クラスメイトのさえは色白で男ウケ抜群。でもその中身は最強最悪の小悪魔!ももの幸せを邪魔しようと、次々と罠を仕掛ける。そんなももの絶体絶命のピンチを救ってくれたのは、もものピュアな内面を好きになったカイリだった。カイリととーじ、全くタイプの違う2人の間で心が激しく揺れ動くもも。果たして最後に選ぶのは−?
次から次へと巻き起こる恋の事件。ノンストップで繰り広げられる、最後まで先の読めない展開に、一瞬も目が離せない!笑って、泣いて、胸キュンもハラハラも最高潮で押し寄せる、これまでにない新しい恋愛映画が誕生!
引用:映画ピーチガール公式サイトより


ピーチガール コミック・小説

ピーチガールには、映画のモデルとなったコミックス「ピーチガール(講談社「別冊フレンド」掲載)」と、その後の主人公たちを描いた「ピーチガールNEXT(BE-LOVE連載中)」、映画ピーチガールをノベライズした「小説 映画 ピーチガール (講談社KK文庫)」などがあります。(書籍版、電子書籍版(Kindle)等で販売中)

[広告]



映画ピーチガール主題歌

曲:Call Me Maybe(コール・ミー・メイビー)
歌:Carly Rae Jepsen(カーリー・レイ・ジェプセン)


[広告]


映画ピーチガール劇中歌

曲:ドラマチック
歌:YUKI


[広告]


映画ピーチガール キャスト

安達もも:山本美月
岡安浬:伊野尾慧(Hey! Say! JUMP)
東寺ヶ森一矢(とーじ):真剣佑
柏木沙絵:永野芽郁
安芸操:本仮屋ユイカ
岡安涼:水上剣星
岡安崇史:升毅
安達桜子:菊池桃子

スタッフ

原作:上田美和「ピーチガール」
監督:神徳幸治
脚本:山岡潤平
音楽:蔦谷好位置
主題歌:カーリー・レイ・ジェプセン「コール・ミー・メイビー」
配給:松竹
制作プロダクション:ファインエンターテイメント
サウンドデザイン:石井和之


関連記事

広告

広告

アーカイブ

ページ上部へ戻る