GW(ゴールデンウィーク)に甲子園を想う 中九州高校野球フェスティバル 2017

高校野球強豪校と、甲子園に出場経験が無い大分県豊肥地区の激突。

甲子園常連校が、中九州に訪れ、観戦することができる貴重な機会ができました。

GW(ゴールデンウィーク)の観光や、ご旅行の際に訪れてみてはいかがでしょうか。


2017年5月3日(水)~5日(金) 第一試合の開始時間は、9時30分~

会場:竹田市総合運動公園 緒方やまびこ球場 豊後大野市大野総合運動公園 三重総合高校グラウンド

入場料:無料

出典:加来慶祐の九州沖縄「風に吹かれて」 http://blowingthewind.seesaa.net/

 今回企画した「中九州高校野球フェスティバル」は、地方から野球の熱量、魅力を発信しながら野球人口の増加を目指していくためのイベントです。
大分県で甲子園出場のない西部豊肥地区に甲子園常連の強豪校を迎え、地元校のチャレンジの場とするとともに、強豪同士によるハイレベルの試合を通じて全国レベルを肌で感じる機会を設けました。

大分県竹田市、豊後大野市に、全13校が集結します。

参加校:
【福岡県】西日本短大付
【長崎県】大村工
【熊本県】東海大星翔、熊本工、阿蘇中央
【宮崎県】延岡学園
【鹿児島県】鹿児島実
【愛媛県】松山商
【大分県】明豊、津久見、国際情報
【ホスト】竹田、三重総合

第1回の今回に参加を予定しているのは、甲子園優勝経験のある西日本短大付、鹿児島実、津久見をはじめ、全国制覇7回の“レジェンド”松山商が愛媛県から参戦予定です。
さらに2013年夏の選手権で準優勝した延岡学園、春夏通算41回の甲子園出場を誇り今春のセンバツにも出場した熊本工も参加します。
いずれも「中九州高校野球フェスティバル」の企画趣旨に賛同してくれた“同志”でもあります。
彼らを通じて全国的強豪の強さ、厳しさ、華やかさを体感し、学ぶ絶好の機会になることでしょう。

球場と日程

↓PDF
中九州高校野球フェスティバル

試合開始時間  1. 9時30分~ 2. 12時00分~ 3. 15時00分~


竹田市総合運動公園

緒方やまびこ球場

豊後大野市大野総合運動公園

三重総合高校グラウンド




関連記事

広告

広告

アーカイブ

ページ上部へ戻る